少年野球 子供にバッティングのコツを教えるには?

本気で甲子園出場を目指している子供の夢を叶えるには?

甲子園に出場する確率を上げる方法があるのをご存知ですか?

甲子園を目指す高校の数は、全国でおよそ4000校ですが、
その中から、甲子園に出れる高校は夏は49校、春はたったの32校です。

夏の場合で数えても、一夏でベンチに入る高校生の数は、846人。
確率にすると、ほとんど1%くらいのものです。

少年野球の選手たちの憧れの甲子園ですが、現実問題として
強豪高校を選ぶだけでは中々出場する確率を高めることはできません。

過去甲子園に出場した高校を選んだところで、数年後に
どうなっているかは分かりませんからね。

でも、それでも「甲子園に出場する確率を上げる方法」はあります。

●高校を選ぶときの基準
●実際にやったこと
●目標をどこに設定したか?
●自分をアピールするために必要なことは?
●どうやってレギュラーの座をつかんだのか?
●小学校・中学校時代をどのように過ごしたのか?

これらを実際に何人もの甲子園球児たちから聞き取り、
データとしてまとめ上げた人がいるのです。

このデータを読むことで、

●「夢」を明確な「目標」へと変える事ができます
●進学までにやらなければいけない事がわかります
●進路を決めるのに重要なポイントがわかります
●進路を決めるのに有利になる方法がわかります
●進学後も、レギュラー獲得へ向けて有利に
●高校野球生活を送る方法がわかります

今しか見られない極秘情報です。
詳細はこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球経験がないからこそ知りたい!バッティングの基本

萩原誠さんはプロ野球選手を辞めてからバッティングの研究を
はじめた、ちょっと変わった経歴をお持ちの方です。

阪神タイガースからドラフト1位で指名され入団したものの
実力が発揮できずに引退。その後、柔道整復師の国家試験を取得、
現在は治療家として活動しています。

そんな荻原さんのバッティング上達法が密かに人気です。
なぜなら、柔道整復師の立場から、人間の身体の自然な使い方に注目し、
無理のないバッティングフォームを教えてくれるからです。

少年野球に取り組んでいる子供たち全員が、一流の指導者に出会える
わけではありませんよね。もしかしたら、子供が打てないのは
本来の基本から外れた無茶な指導が原因かもしれません。

でも野球経験のない方にとっては「バッティングの基本とは何か」
という部分が一番分かりづらいのではないでしょうか。

荻原さんのバッティングについての考え方はシンプルです。
ポイントは、“ブレない軸”を作ること。
バッティング軸の作り方を学ぶには最適な教材かと思います。

ブレない軸が作れるようになると、どうなるのか?

まず体幹の力でバットを振りぬくことができるようになるので
スイングが鋭くなります。

また選球眼も良くなり、上体が前につっこまず、絶妙な間をつくり
ジャストミートさせる事が可能になります。
そしてボールをバットの芯でとらえることができれば、自然と
飛距離も伸びていきますよね。

「でも、野球経験がないのに、ブレない軸を指導できるの?」

それを可能にしたのが、こちらの教材です。

詳細はこちら

バットの握り方、構え方、立ち位置、ティーバッティングなど、
バッティング上達に必要な知識と練習法が満載です。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上隆行のバッティング指導法

「バッティングの基本って何?」と子供に質問されたら、
あなたは何と答えますか?

野球経験者でバッティングの基本は理解している親御さんでも、
いざそれを子供にもわかる言葉で伝えようとすると
教え方がなかなか難しいですよね。

「うちの子は体が小さいから…」
と、お子さんの努力ではどうすることもできない部分に
目を向けるのではなく、

「ポイントを理解すれば、うちの子だって…」
と、発想を変えてみませんか?


元近鉄バファローズの強打者・村上隆行さんが
そんなあなたのお手伝いをしてくれます。

村上さんのバッティングDVDには、バッティングの基本である

●手の反すタイミング
●腕の絞り方
●重心とおへその位置
●ダウンスイングの重要性
●どうやって打球を飛ばすか

など、お子さまの打撃力アップに必要なあらゆる要素が含まれています。

「でも、子供に見せても理解できるかな…?」

ご安心ください。内容はとてもシンプルです

実践するのはもちろん子供ですから、
あまりにも複雑だと子供がついてこれないですよね。

野球に対して真摯で素直な子供だからこそ、
DVDを見て理解した後の効果は絶大です。

「打球の勢いがまったくちがう」「次の試合がとても楽しみ」
と、実践者の評判も上々です。

詳細はこちら





萩原誠のジャストミートセオリー

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛甲猛の短期間野球バッティング上達指導法

現役時代、バッティングが得意だったという方でも
いざ子供にバッティング指導を始めてみると・・・
自分の指導法が本当に正しいのか不安になる。

そんな経験はありませんか?

まして野球経験がゼロのお父さんなら、どんな点に注意して
指導すればいいのか分からないのではないでしょうか。

でも、ご安心ください。バッティングを上達させる指導法は
あります。野球の経験がゼロでも問題ありません。

元中日ドラゴンズの愛甲猛さんをご存知ですか?
愛甲さん曰く。「バッティング上達のポイントは5つ」

・正しいバッティングフォーム(姿勢・構え)
・正しいバットの握り方
・正しいバットスウィング
・正しいインパクト
・正しいフォロースウィング


この5つをしっかり指導することで、ワキが開くことも、
前に突っ込むことも、右肩が下がる事もなくなります。

(大人や指導者が、バッティングをより難しいものにしている
という愛甲さんの指摘に思わず納得してしまいました。)

愛甲さん自身、この5つを忠実に守ってプロ野球で20年の
キャリアを積み重ねてきたといいます。

あなたも愛甲さんのバッティング理論を学んでみませんか?
短期間で、打率、飛距離がぐんぐんアップする
「短期間バッティング上達指導法」がこちらで公開されています。

詳細はこちら


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萩原誠の少年野球バッティング指導法

年野球をしている息子が最近スランプに・・・
がんばっている子供を何とか応援してあげたい。

何かアドバイスをしてやりたい。でも、
どんなふうにアドバイスをすればいいのか・・・

そんな悩みはありませんか?
がんばっている子供に何か力になってあげたいですよね。

ご安心下さい。解決策があります。

たとえ野球素人のお父さんでも、お子様を
チームで一番のバッターにすることは可能です。

元プロ野球阪神タイガース(92年ドラフト1位入団)の
萩原誠さんが、体幹を使い、ブレない軸を作って
しっかり打球を打ち返す方法をこちらで公開しています。

>> 詳細はこちら



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 少年野球 子供にバッティングのコツを教えるには? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。