少年野球のバッティング指導は難しい - 少年野球 子供にバッティングのコツを教えるには?

少年野球のバッティング指導は難しい

少年野球のバッティング指導でいろいろと悩んでいる・・・。
そんな方に元阪神タイガースの萩原誠さんがわかりやすく解説した
バッティング指導マニュアルがあります。

萩原誠さんは、「ドラフト1位指名」、「背番号31」、「三塁手」ということで
「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として大いに期待されての入団でした。

ところが・・・。
期待通りの成績が残せず、退団。
その後、柔道整復師という国家資格を取り現在に至っています。

じつは、萩原さんが今回ご紹介するバッティング理論を構築したのは
プロ野球の世界から離れた後なのです。

柔道整復師として体の機能的な使い方を研究し、
軸がブレないバッティングのノウハウを構築したのでした。

そして、このバッティング軸の作り方を、
少年期から指導する事が何よりも重要だと言っています。

「でも、“ブレない軸”とはどのように作られるのか?」
「野球素人のお父さんでも、本当に子供に指導できるのか?」

ご安心ください。

バットの握り方、構え方、立ち位置、ティーバッティングなど、
選手たちを強打者にするために必要な指導方法が、すべて網羅されています。

野球も他のスポーツ同様、基本が大切です。
ブレない軸の作り方をマスターして、子供達に正しい指導を
してみませんか。

詳細はこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 少年野球 子供にバッティングのコツを教えるには? All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。